結婚相談所に登録したら個人情報が漏洩【要注意】

kojinjoho

こんにちは、仲人士の秦(しん)です。
福岡で結婚相談所を運営しています。

過去には結婚相手紹介サービス業でも、
大きな個人情報漏洩も起きていますね。

結構前ですが、2009年12月(毎日新聞)
婚活情報会員1万6000人分のデータ流出事件。

本社は千葉県市川市ですが、
全国に会員を持っていたようです。

よくある漏洩パターン(^m^ )
【社員によるデータの持ち出し】

ただ「結婚相談所」と明記がないので、
ネット系のマッチングサービスかも。

おそらく、この事件発覚後からは、
今も名前を変えて運営していると思います。

どんな業界でも同じですね。
本当に怖い世の中になってきました(-ε- )

個人情報の漏洩問題

先ほども書きましたけど「情報漏洩」には、
よくあるパターンというものが存在します。

2005年に個人情報保護法が全面施行され、
それからは会社組織での漏洩は激減。

基本的にセキュリティを高めても、
個人の「犯罪」はどうしようもないです。

だってセキュリティ管理者がやれば、
誰も防ぎようがないわけですからね。

大手なら安心というわけでもなく、
むしろ大手は社員さんも多いわけです。

個人情報に触れる人数が多いほど、
漏洩のリスクは高まるという現実・・・

で、結婚相談所は大丈夫なの?

基本的な結婚相談所のシステムとして、
最初に登録情報が必要になりますよね。

実際に「プロフィール」がなければ、
相手を探すことはできません(o・ー・o)

そのため【登録した】という実感が高く、
他業種に比べて神経質になりがちです。

みなさん、◯◯カードとかジムとか、
いろんなところで登録してますよね。

ちょっと違うところがあるとすれば、
嘘の情報が書けないということです。

当たり前ですよね!
ヾ(@゚∀゚@)ノ

結婚相手に偽りの情報があったら、
人生を左右する大問題なのです!

◯◯カードとかは多少嘘を書いても、
調べられもせず重要なことでもなし。

逆に言えば・・・

結婚や婚活業界にしてみたら、
それ以上に大切なものはない!

結婚相談所では「個人情報」が最重要です。
つまり「人(会員)」が財産なわけです。

それを守らないわけがありません。
正直、他の業界よりも意識は高いです。

私だけでないことを望みます(≧人≦*)

やっぱり思い込みは危険です!

「大手なら安心!行政なら安心!」
これは大きな勘違いにすぎません。

個人情報に関することだけではなく、
婚活自体にも同じことが言えますよ。

「大手は会員が多いから結婚できる」

これもまた大きな勘違いです(・∀・)
視点を変えて考えてみてください。

【会員が多い=ライバルが多い】

あなたが学生時代にモテモテなら、
大手でも思い通りの婚活が可能です。

もし話が苦手とか激しい人見知りなど、
人と接するのが苦手な人では難しい。

知識なく思い込みで行動するのは、
時間の無駄になるのでご注意ください。

今回の結論です。

結婚相談所では個人情報が最重要!
by 婚活先生