結婚相談所で強引な勧誘や営業をかわす方法

gouin
こんにちは、仲人士の秦(しん)です。
福岡で結婚相談所を運営しています。

やはり結婚業界はグレーな部分が多く、
よく他の結婚相談所の悪い噂を耳にします。

特に多いのが「最初の説明と違う」という、
オーソドックスなものになります(^m^ )

ただ「言った言わない」の内容が多いので、
実際には保証などを求めるのは難しいです。

もしも最初から不信感があるのなら、
説明を【録音】させてもらうのが良いです。

勝手に録音しても駄目ですよ。
ちゃんと断ってからやりましょう。

≪注意点≫

私も録音されて困ることはないです。
ただ入会自体をお断りします(*>ω<*)

やはり私のような仲人という立場は、
一般的な結婚相談所とは異なります。

ビジネス(お金)だけではなく、
信頼関係がなくてはお世話しません。

結婚相談所でよくある強引な勧誘

まず事前の知識として結婚相談業は
【クーリングオフ制度】が有効です。

入会契約をしてから8日以内なら、
何の不利益を受けることなく解約可能!

さらに嘘や必要事項を伝えなかった場合、
それを理由にクーリングオフができます。

その項目には『脅迫』という内容もあり、
法的にはグレーですけど・・・

「早く婚活しないと行き遅れる」

この言葉も私的にはNGだと思っています。
だって精神的には脅しと同じですよね。

そこまで露骨に言わなかったとしても、
やはり不安を煽る営業や勧誘は駄目です。

まだまだグレーな業界だと思います。
私一人からでも改善を目指していきます。

あせらない婚活をしましょう!

結婚相談所選びの注意点としては、
「あせったら終わり」(≧ω≦*)

あせらずにいられない年齢であっても、
本当にあせると良いことはありません。

なぜなら結婚相談所はプロです。

婚活のプロであるとともに
相手を見抜くプロということ!

あなたの気持ちはお見通しなのです。
あなたの「あせり」を利用してきます。

強引な勧誘やしつこい営業というのは、
実際には『受け取り側』次第になります。

本当は焦らされた時点で強引です。
でも、あなたは気づかないでしょう。

だって「間違ったこと」は言いません。

基本的に現状認識として正しいこと、
結果、あなたは納得するしかありません。

強引な勧誘の断り方について

ただ断り方を知っていても駄目です。
前置きしたように「冷静な判断」が重要。

もちろん相手は営業のプロです。
ちょっとでも隙を見せたら駄目です。

冷静な気持ちで説明を聞いてから、
システムとコスパを考えてください。

あなたにとって有益なサービスなら、
結婚相談所を利用する価値があります。

どうしても【信頼関係】は重要です!
その担当者によって結果も変わります。

なぜなら「あなたは婚活素人」です。

あなたなりの婚活を続けていたら、
これまで通り先行き見えない状態です。

あなたが信頼できる担当や仲人を見つけて、
結果を出せる環境作りを考えましょう。

もし最初の段階で「何か嘘くさい」とか、
信頼に値しないと思うならNG(・~・)

そして、断り方は超簡単!

「今からちょっと用事があるので」

そう言って、急いでいる素振りをします。
席を立つくらいの勢いで良いです。

こうなると・・・
もう相手は何も言えません。

実際には見えない人なのですが、
その人を待たせるわけにはいきません。

もし、それでも勧誘を続けるようなら、
間違いなくブラックな相談所ですね。

どんな手を使ってでも逃げてください。
一般常識で対応したら駄目ですよ(≧◇≦)

今回の結論です。

冷静な判断と小さな嘘で切り抜けろ!
by 婚活先生