婚活する前にやるべき安全対策を考えてみた

こんにちは、婚活先生です\(・∀・)/
結婚相談所を運営している“現役の仲人”です。

何はともあれ、婚活の安全対策は重要なことです。
逆に言えば、婚活は危険な部分もあるということ。

【婚活における危険とは?】
・業者や悪意のある相手と出会う
・ストーカー的な相手と出会う
・結婚願望のない相手と出会う

最後は結婚が遅れる「危険」になります。
意外と、これの見極めが難しいと思います。

婚活は安全第一

のちほど個々の事例をあげていきます。
婚活の安全性の確保というのは“あなた次第”

実際に、婚活は個人で動くことが多くなるので、
あまり人に相談するようなチャンスが減ります。

すると、自分が安全なのか危険なのか?
それすらわからないという人たちも多いです。

業者や悪意のある相手

婚活していて出会ってしまう業者とは?
男性と女性によっても変わってきますね。

男性の場合が出会うパターンで多いのはデート商法の女。
これは今までモテたことがない男性に多いです。

過去の経験から言い寄られた経験がない男性。
突然、モテるような気がしたら危険ですよ。

こういうタイプの業者女はグイグイ系が多いです。
実際には分かりやすいのですが相手はプロなので要注意。

次に、女性が出会う悪意のある男性。
なかでも多いのが「既婚者」という存在です。

既婚者のなかにも開き直った人たちもいます。
デート1回目に事実を伝えてくる自信家もいます。

その場合は、かならず交際をやめてください。
相手の目的は完全に「遊び」になります。

自分は結婚していることを伝えたという事実を作り、
それを知って付き合った「あなたに責任がある」

このような考え方の既婚者と出会うことが多いです。
婚活の安全を高めるためには注意してください。

ストーカー的な相手

これは一般的な恋愛と比較することもありませんが、
意外とストーカー被害みたいなことが多いと思います。

なぜなら、結婚に対して本気の人が多いから。

さらに婚活パーティーなどの出会いは気軽なものです。
そこにはお互いの責任感や正義感は薄くなります。

例えば、結婚相談所のような真面目で本気な出会いは、
仲人やスタッフなど仲介役がいるので安全ですね。

それ以外の出会いに関しては、ストーカーという不安。
そのようなリスクが避けられないことをお忘れなく。

さすがに出会ってすぐには、そういう人だとは判断不可能。
しかも、あなたのことが好きだからこそ起きるもの。

人の好意が「あなたにとっての悪意」になります。
そしてストーカーの場合は命の危険もあります。

しっかりと婚活のなかで安全な人だと判断できるように、
相手を見極めていく力というものが必要になりますね。

結婚願望のない相手

これは一般的な危険とは違いますね。
あなたの結婚が遅れる危険という意味になります。

きっと「本気で結婚したい人」の婚活は2年以内。
しかし、そうでもない人は「いつか結婚したい」

この気持ちのギャップが婚活の大問題です。
もし交際したとしても、お互いのギャップに悩みます。

基本的に、結婚への想いが同じでなければいけません。
単純に言えば「相手に合わせること」で解決します。

もちろん、結婚は遅れるのは覚悟してください。

でも、好きな人であれば歩み寄りは大切です。
相手もあなたに歩み寄ってくれるはずです。

しっかりと「あなたの意志」は伝えください。
あなたの考えを理解してもらうことに努力は必要です。

もし婚活に行き詰っているなら・・・

今回のように婚活に安全性を求めている皆さん。
きっと婚活に行き詰っているのではないでしょうか?

なぜかと言えば、不安が先立って行動できていない。
もしくは、行動が制限されている可能性があります。

安全は「あなたの知識」で確保できるものです。
まずは婚活を学ぶことから始めてみましょう。

私も簡易的なものですが『無料のメルマガ講座』をやっています。
現状よりは確実に前に進むキッカケになると思います(^m^ )

by 婚活先生

mag_03