婚活パーティーは本当に出会えるのか【解説】

party

こんにちは、仲人士の秦(しん)です。
福岡で結婚相談所を運営しています。

婚活パーティーに出会いを期待する皆様へ
その期待を裏切る内容かもしれません。

マイナス面を知ると行動力がダウン!
そうなりたくない人は見ないように(^m^ )

「ちゃんと結婚につながるかどうか?」

これが一番重要だというのが大前提です。
その婚活パーティーの目的を考えます。

婚活パーティーの種類

この考え方をできる人はプロだけです。
利用者としては同じに見えますからね。

ただ表面的なものをみてしまうと、
その本質を理解せずに失敗しますよ。

【婚活パーティーの種類】

1.単発的な集客ビジネス型

2.参加者誘導ビジネス型

3.地域発展目的型

4.おせっかい紹介型

そこには本当に出会いがあって、
ちゃんと結婚に近づけるのか・・・

それでは個々に解説していきましょう。

1.単発的な集客ビジネス型

単なる【イベント型ビジネス】
「出会い」というワードの集客が目的

現在行われている婚活パーティーの4割は、
このパターンと言っても良いでしょう。

例えば、女性無料とか格安のものは、
男性からの参加費集めが目的となります。

成功したパターンとしては「相席屋」
このお店の目的は「飲食売上UP」です。

パーティーではありませんけど、
本質としては同じなんですよ(゚ε゚*)

むしろ婚活パーティー自体に関しては、
出会えないなら大した価値がありません。

逆に医者コンとかは女性からの集金です。
最近は女性を狙ったものが増加中!

もう、お分かりですよね?

集客によるお金集めが目的ということは、
「何度も来てもらった方が売上アップ!」

そこに本当の出会いを求めていくのは、
なかなか賢い選択とは言いにくいでしょう。

2.参加者誘導ビジネス型

この形式でやっているのは「結婚相談所」
とりあえず参加者のリスト集めが目的です。

結婚相談所自体は「悪」ではありません。
当然、恥ずかしいものでもありません。

ただ・・・
よくある「最悪のパターン」を紹介。

婚活パーティーで人を集めておいて、
気になる人がいたら『入会』しないと駄目。

本来の目的とは違うものを買わせる
ちょっと詐欺っぽいですよね。

たいてい、このような形式の相談所は、
お世話のレベルも低いので危険です。

さらに言えば「サクラ」の存在リスク。
あなたを釣り上げるための手段(゚∀゚;)

3.地域発展目的型

県や市など地方自治体主催のイベント

ぶっちゃけ、出会いの数はあります。
ほぼサクラも少ないので安心です。

ただ結婚につながるかは難しい(・~・)

自治体イベントということもあり、
比較的リーズナブルなものが多いです。

最近だと「ブライダル会社」が提携して、
結婚式場などの斡旋目的で参入してます。

当然、デメリットもあります。

婚活パーティーのプロではないので、
ちょっと主催者側の手際が悪いですね。

見よう見まねのイベントが多いです。
つまり出会いの環境としては「中の下」

4.おせっかい紹介型

正直、これは主催者が少ないです。

あなたの知らないところで開催されて、
今後も知るチャンスは少ないと思います。

なぜなら・・・
「小さなお店単位で開催されるもの」

例えば、喫茶店の常連さんを集めてとか、
居酒屋さんの知り合いを集めてとか。

小さなコミュニティで開かれるので、
ネットで調べても出てこないでしょう。

小さな婚活パーティーは見つけにくいが、
結婚までつながる可能性が高い手段です。

なぜなら、オーナーが「おせっかい」
お世話好きな人が間に入ってくれます。

積極的にいけないという人であっても、
背中を押してくれる「仲介人」がいます。

つまり、私のような『仲人役』です。
恋愛下手の人たちにはオススメします!

今回の結論です。

価値のある婚活パーティーは少ない!
by 婚活先生