男子の婚活パーティー攻略法【名刺ばらまき大作戦】

meishi
こんにちは、仲人士の秦(しん)です。
福岡で結婚相談所を運営しています。

本気の婚活男子向けの情報になります。
詐欺師や遊びが目的な人は見ないように!

まず婚活パーティー選びが重要です。
【連絡先の交換が自由なもの】

事前に主催者側に連絡をして確認。
電話でもメール何でも良いです。

「イベント中に、連絡先を
女性に聞いても良いですか?」

もし連絡先を聞けないところなら、
それなりの理由があると考えられます。

連絡先を聞かせない理由

結婚相談所が主催の婚活パーティーは、
最初に会員集めが最大の目的になります。

ということは、その場での連絡先交換は、
登録者を逃してしまうとイコールです。

相談所的には良い人と見つけてもらって、
「交際したいなら登録してください」

これが基本スタイルになります。
つまり連絡先の交換は期待できません。

もちろん結婚相談所主催のパーティーでも、
交換の可能性がないわけではありません。

主催者が許可している場合もありますし、
別にこっそり名刺を渡しても大丈夫です。

名刺バラマキ大作戦

相手の名前を聞くためには
自分の名前を名乗るように

これは『超基本のマナー』だと思います。
ということは・・・

相手の情報を聞くために自分の情報を出せ!

名刺には婚活に必要な情報がテンコ盛り。
つまり女性たちにとっては財産です。

それを男性側が提示することによって、
あとにつながる婚活をしていきましょう。

ただ渡しまくるだけでも良いですけど、
紳士的に渡す方が好感度はアップします。

例えば、出会ってすぐ渡すのではなく、
会話の流れで名刺を取り出すのが自然です。

ガツガツ感は嫌われる?

女性側にしてみると名刺は情報の宝庫です。
ただ逆に不安に感じる部分もあります。

「何か必死だなぁ」

そう感じてしまう女性もいますので、
やはり会話のなかで自然に差し出します。

婚活女性は本気の人が多いのは確かです。
でもグイグイ来られると引いちゃいます。

その男子に魅力があろうとなかろうと、
自分に自信を持っていない女子も多い。

すると【別の目的】があるのでは?
そういうふうに勘ぐってしまうのです。

もちろん連絡先は聞きましょう!

自分が名刺を配っていればよい!
それだけで良いわけがありません(^m^ )

名刺を渡すということの行為は、
ただ情報を渡すだけではありません。

男性側から何かを与えられたという意識は、
女性側が何かをお返ししないといけない。

そのような意識を芽生えさせます。
心理学的に『返報性の原理』と呼ばれます。

何かをもらった、何かをかえさなきゃ、
そうしないと落ち着かなくなります。

例えば「私、名刺もってないんですけど」
申し訳なさそうな言い回しなら大チャンス。

男子「全然大丈夫ですよ」
そのあとに「LINEとかやってます?」

上手く話をもっていけば聞くのは簡単です。
前振りができていないと駄目ですけどね。

人がいる場所に行くだけでは駄目です。
やっぱり婚活は技術が必要ですね。

今回の結論です。

名刺を配って相手の連絡先をゲット!
by 婚活先生