女子の婚活パーティー攻略法【家賃で年収を把握】

yachin
こんにちは、仲人士の秦(しん)です。
福岡で結婚相談所を運営しています。

女性たちの婚活パーティー攻略として、
重要なことは「相手を知ること」です。

やはり婚活は結婚が目的になりますので、
お相手の年収を気にする人も多いです。

私の個人的な見解からすれば、
婚活で条件を縛ってはいけません!

ただし一般的に年収、学歴、身長、年齢、
さまざまな条件で相手を絞ってしまいます。

そのような女子向けの攻略法(^m^ )
今回は【年収について】考えてみます。

家賃で分かる年収計算

最近の婚活パーティーの主流ですが、
プロフィールを使うことが多いですね。

特に大した情報はないわけですが、
「話のきっかけ」として使われます。

逆に言えば、それ以上の話は出にくく、
あたり障りのない会話が続くことが多い。

そんな中で、あなたが気になること
「年収いくらですか?」(/ω゚\)

知りたいけど絶対に聞けない内容です。

そんなときは、あたり障りのない会話から、
こっそり探るというのが一番でしょう。

さすがに「年収は家賃の3か月分」
これは一般常識になっていますよね。

だから家賃を直接に聞いたら露骨です。
まず住んでいる地域で大まかに分かります。

また簡単な探りで気づかれないように
「どこに住んでいるんですか?」

相手としたら「居住区を聞かれた」だけ、
付随する質問も同様の感じで返答します。

男性「◯◯です」
女性「私も物件を探したことありますよ」

「◯◯って、家賃高くないですか?」

直接的な「家賃」というワードを使っても、
相手は住んでいる地域の話として捉えます。

分かりますかね?

【家賃を聞かれたことに気づかせない】
このようなトーク術で聞き出すのが一番。

婚活パーティーのプロフィール情報

婚活パーティーでは直接対面するので、
見た目に関する情報は入ってきます。

それ以外の情報は『嘘』が多いです。
既婚者とか詐欺師とかは論外ですが・・・

そうではなく小さな嘘が蔓延しています。
本人的には嘘という自覚もないかも(笑)

実は「趣味」とかも適当な人が多いです。
読書、映画、ドライブはよくあるパターン。

実際に趣味とは言えないようなもの。
これは「とりあえず」書いている人が多い。

だから、あなたが本当の本好きであっても、
その「読書」とは違う可能性があります。

正直、趣味の話は盛り上がりやすいです。
でも、それだけにならないように注意が必要。

年収を知りたい、家庭環境を知りたい、
家族構成を知りたい、恋愛傾向を知りたい

もっと婚活において重要なポイントが
何個もあるはずなのに「趣味」って(゚ε゚*)

短時間でも重要なことを聞くチャンス。
あなたなりの質問を考えておきましょう。

それに周りもプロフィールの話ばかり、
そのなかで印象に残るのは別の会話です。

今回の結論です。

婚活パーティー用のトーク技術を学ぼう!
by 婚活先生