婚活で年収を気にする人が結婚できない理由

婚活で年収を気にする問題

こんにちは、婚活先生です\(・∀・)/
結婚相談所を運営している“現役の仲人”です。

今回は婚活を「年収」という切り口から3つのポイントに分けてみていきたいと思います。男性女性共に年収を気にしすぎるのはダメです。

【年収に振り回されない婚活】
・婚活で気になる平均年収とは?
・男女別の年収に関する不安
・条件に縛られた婚活はNG

あなたが婚活難民にならないためには、間違った情報や偏った情報に惑わされないようにすることです。

そして「年収」と「婚活」の関係性も知らなければ、あなたが求めている結果を出すのは難しくなるでしょう。今後は頭を使った婚活をしてください。

各ポイントを詳しくみていきましょう。

婚活で気になる平均年収とは?

【2016年の平均年収は442万円】

ここ数年は440万前後で変動はありません。
あくまで平均値なので気にしないことです。

どうしても婚活を考えるうえで・・・
男性であれば「自分の年収では相手が見つからない」
女性であれば「相手の年収は◯◯万円以上がいい」
そのような考え方をしてしまう人が多いです。

もしくは男性は「今の趣味を継続したいから結婚を保留する」などもあるようです。そのような人たちでも話を聞くと「いい人がいれば結婚したい」と答えます。

~結婚しても趣味を続ければ良い!~
たったこれだけですヾ(@゚∀゚@)ノ

むしろ、年収が低いと自覚している男性は結婚を早めにしておいた方が良いです。というか結婚できる可能性が高まります。

一般的に言われる男性の年収は・・・

昔から『年齢×15万円』という目安がありましたが、一部の高年収の人たちが引き上げているだけです。実際には『年齢×11万円』程度と考えておいた方が良いでしょう。

例:35歳なら385万円、42歳なら462万円

あくまで平均値を知る“考え方”であって、これを基準に婚活をするのはいけません。年収を気にして婚活する場合の問題点を知ってください。

男女別の年収に関する不安

【男性の年収に対する不安】

平均年収を調べると「劣っている」と感じる人が多いです。実際に平均値よりも低い人の方が割合的に多いからです。

それは一部の高額所得者が平均値の引き上げをしているかわりに、低所得者の数値はデータに反映されにくい調査方法だからです。

平均値は、基本的に「源泉徴収」や「納税」の記録から算出されています。平均値より低い所得の人たちは、どちらも記録されていないことがあります。

例えば、正社員でも零細企業であれば申告自体が微妙な会社も多いです。違法ですが、助成金などをもらうために虚偽の申告をしている会社もあります。

さらに業界ごとの年収と比較しても・・・

社長の年収なども含まれていますので、実際の社員の平均値よりも高くなるのは必然です。平均値というのは嘘ではありませんが、自分の数値と比較するのは微妙なものです。

【女性の年収に対する不安】

やはり将来的に『結婚』を考えているわけですから、相手の年収を気にするとは思います。それは共働きでも良いと思っている人でも当然です。

とりあえず、子供が生まれてからの生活を考えておけば良いでしょう。

本気で婚活するなら、今のうちから「将来設計」まで考えても良いかもしれません。家賃や食費、教育費など算出していけば、あなたが求める将来に“必要な生活費”は見えてきます。

そこまで考えて、はじめて相手の年収を気にする権利あり(^m^ )

ただ何となくメディアの情報を鵜呑みにして平均値などに踊らされていませんか?そのような状態では婚活が上手くいくはずありません。

そうです「あなたはまだ本気になれていない!」だけです。

条件に縛られた婚活はNG

【婚活で陥りやすい問題行動】
条件で相手を探してしまうこと

当たり前ですが、婚活における『年収』は“相手を選ぶ条件”になります。

条件で相手を選びはじめると、ぞの条件に満足できなくなることが多いです。
400万円より420万円、420万円よりも440万円・・・

このような数値の条件には『上限』がありません。
もちろん、最低限これくらは欲しいというのはあるでしょう。

ただ、先ほども言いましたように「将来設計」をしてから導き出した数値ならOKです。それ以外は意味がありませんので青天井(上限なし)と同じですよ

さらに、年収に限らず“条件のある婚活”は結婚しても失敗しやすくなります。

なぜなら“条件ありき”でスタートしているので、その条件がなくなれば終わりです。つまり離婚リスクを高めるということです。

「愛情があれば大丈夫!?」

えっ!?条件を気にする人がよく言えますね(゚ε゚*)

年収など条件付きで婚活をした人たちにとって、その条件はゆるぎない部分です。愛情によって補うのは難しいですよ。

もし婚活に行き詰っているなら・・・

まず婚活において年収を気にすることのデメリットに気づいてもらいたいです。

本気で婚活をするなら「将来設計」くらいしてくださいね。そのあとなら最低限の希望年収を言っても恥ずかしくありません。

ぜひ、これを機に、何となく世間的に言われている数値を自慢げに語るような駄目婚活からは卒業してください。

正直、数値や条件に縛られた婚活においては失敗しか見えません。

さらに、そのような婚活をしていると「恋愛感情」が分からなくなり、相手にドキドキしないという負の連鎖に陥る危険性もありますよ。

アラサーやアラフォーさんは焦りすぎて『婚活』を頑張ろうとしますけど、頑張れば頑張るほど見失ってしまうことが多いです。

まずは、あせらずにまともな婚活を学ぶことから始めてみましょう。

私も簡易的なものですが『無料のメルマガ講座』をやっています。
現状よりは確実に前に進むキッカケになると思います(^m^ )

by 婚活先生

mag_03