【婚活の種類】結婚するために何をすれば良いの?

konkatu01

こんにちは、福岡の婚活先生こと仲人士の秦です。
結婚相談Branet(ブラネット)を運営しています。

皆さん「婚活」と聞いて何を思い浮かべますか?合コン、婚活パーティーなど出会いを求める場所やイベントを思い浮かべる人が多いと思います。

ただ婚活の定義は“結婚するために何かしら行動すること”ですから、花嫁修業として料理を勉強したり、所作を習ったりすることも大きく言えば婚活に当たります。

もっと広げて言えば、ファッションやお金(結婚資金)の話など全てのことが婚活につながります。

『あなたが求める婚活とは何か?』

これを明確にしてから行動することが結婚への近道だと思います。あなたが『あなたの婚活』としてやるべきことは何かを一緒に考えていきましょう。

あなたは婚活に何を求めているのか?

konkatu02

婚活って言ったら『結婚』じゃないの?
というのは、あなたの理論でしかありません(笑)

先ほども言いましたように婚活とは“結婚するために何かしら行動すること”という大きな意味を持っています。

何が言いたいのか、それは「あなたが食いものにされる」可能性があるということです。

もっとも分かりやすい例でお伝えしましょう。
それは『婚活パーティー』です。

実際に行ったことがある方なら薄々気づいているはずなんです。婚活という言葉が入っていますが、本当に結婚を前提として参加している人は少ないです。

私も福岡の婚活パーティーだけではなく、いろんなところに参加してみました。しかし、そこに来ている人たちからは『結婚』の意識はほとんどありません。

特に男性の参加者の目的は、よく言えば『恋人つくり』、広い意味では『お相手探し』です。結婚を意識して来ている参加男性は全体の1割いれば良い方ですね。

婚活パーティーの成り立ちと現実

konkatu03

もともと『ねるとんパーティー』という形で広がって、男女の出会う場所として認知されています。はっきり言って、ネットの出会い系のリアル版だと思ってください。

現実問題として、婚活パーティーから結婚に至る確率は低いです。

先ほども言いましたが、男性の目的は「彼女」や「夜のフレンド」ということ。もちろん女性でも気軽なノリで来ている人が多いのも事実です。

特に比較的年齢が若い人たちはノリで来ているので、本気で結婚を考えているアラサー女性にとっては目の上のたんこぶでしょう。

だって若い方が選ばれやすいですから(笑)

男性は基本的に“ロリコン趣味”です。

男性は36歳の女性より32歳、32歳より28歳の相手を選びます、それが現実!

あなたは若さに勝てる何かを持っていますか?
容姿?美貌?ぶっちゃけ、関係ありません。

男性が求めているのは“気軽な関係”なのです。あなたが36歳で結婚に出遅れていると知ればアプローチが激減します。それが現実!

婚活の手段について考えましょう!

konkatu04

別に婚活パーティーを全否定しているわけではありません。
あなたが理解していれば、それなりの対処ができるということです。

基本的に婚活の種類は複数持っていた方が良いです。
いわゆる“出会いのきっかけ”は多い方が良いに決まっています。

ではパーティー以外にどんな種類があるでしょう。
単純なところでは「合コン」「サークル」「イベント」などです。

【合コン】

合コンは“友達の紹介”であればオススメしています。友達の紹介と言っても、適当な関係性では駄目ですよ。学生時代からの友達や会社の先輩後輩の知り合いなど。

その合コン相手が“何者か”ということが把握されていないと駄目ですよ。既婚者であったり参加者すら素性を知らないような人だと意味がありません。

【サークル】

プロ目線で考えてもオススメの婚活手段です。趣味や好きなことが同じということで話が盛り上がりやすく、さらにはサークルとして定期的な集まりやイベントがあるでしょう。

そして何かしら目的を持って活動することが多いので、同じ時間や作業を共有することで恋愛感情が生まれやすいです。皆さんも学生時代に経験したような恋愛がありえます。

【イベント】

これも種類が様々ですが、どちらかと言えば単発的なのでイマイチだと思います。特に街コンのようなものは例外ですね。あれは出会い系のイベントではなく町おこし(主にグルメ)系のイベントです。

お店が儲かるためのシステムであって、出会いを求めていくような場所ではないものが多いので注意してください。ナンパな出会い(結婚はかなり遠い)で良ければ、音楽フェスなどはおすすめです。

結婚を前提とした婚活手段とは?

すでに皆さんお気づきだと思います。
もし気づいていないのであれば、あなたの結婚はかなり先の話になりそうですね(笑)

これまで例に挙げた手段では『結婚を前提とした出会い』が難しいということです。

ここで基本に戻って考えてみましょう。
“どんな人と出会えば結婚が近づくのか?”

答えは簡単です!
『結婚したいと思っている人と出会うこと』

当たり前すぎて馬鹿馬鹿しいと思いますよね。そうです、あなたはその馬鹿馬鹿しいことすら忘れているのです。というか、気づいていなかったのです(笑)

婚活において“気づく”ということが大切です。
気づくこと、納得すること、そして行動。

適当な活動場所で、適当な出会いを求めて、適当な結果しか出せていない現状。今の状態から脱するためには、適正な活動場所で、適正な出会いを求めていくことです。

結婚相談所という選択肢について

もし、あなたが本気で結婚を前提として『婚活』をしたいのなら結婚相談所しかありません。

もう単純な話です。結婚したいと思っているお相手に出会えます。

結婚相談所って敷居が高いと感じる人が多いと思います。ただ相談所にもいろんな種類があるということを覚えておいてください。

また担当者によっても大きく変わってくると思います。

あなたが信頼できる存在を見つけてください。これはこれで婚活の相手を探すくらい大変かもしれませんね(笑)

私の場合、気軽に何でも相談にお答えしています。さすがに自分のところの会員優先ですけど、時間が許す限りネットからの質問にも対応しています。

★★★本気で婚活を考えているならプロに相談★★★
結婚相談Branet(ブラネット)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★