お見合いの服装が結果を変える【仲人士が教える婚活術】

こんにちは、婚活先生です\(・∀・)/
結婚相談所を運営している“現役の仲人”です。

今回はお見合いの服装について解説していきます。

お見合いの現場を知っているからこそのアドバイスです。
一般的な垂れ流し情報とは異なるので戸惑わないように♪

女性と男性それぞれを分けていきましょう。

さらに「お見合い」と言ってもパターンによって大きく変わります。
例えば『親戚や親族経由のお見合い』『結婚相談所経由のお見合い』では全く異なります。

当たり前ですが、服装も変える必要があります。

パターンとしては下記ですが、本当はもっと細分化されます。
今回は初級編として、王道となる4つを検証していきましょう。

細かい点は、各ポイントとして簡単に書いておきますね。

女性|親族経由 女性|相談所経由
男性|親族経由 男性|相談所経由

その前に…ネット情報には要注意!

一般的にネット検索で調べていても、ここまでは区別されていません。
なぜなら『婚活の素人さん』が思い付きで記事を書いているためです。

最近はネットの情報でも間違ったものが多いので注意してください。
医療系以外は法的に問題がないので“デマ情報”が出回っています。

現在、あなたの婚活状況はどうでしょうか?
ネットの情報を頼りに婚活をしていても上手くいかないでしょう?

つまり、そういうことですね(^m^ )
これからは“まともな知識”を持ってお見合いに挑んでください。

女性の服装

基本的な部分も触れておきましょう。

1.あなたに合った色を選んでください。
あなたの「好きな色」ではなく「似合う色」ですよ。
本当はプロの指南を受けて欲しいですけど・・・
簡単パーソナルカラーチェック|スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/selfcheck/000107/

2.お見合い写真と同じ雰囲気
残念ながら、全く同じ服装でもいけません。
同じ服装だと、男性が受ける印象がマイナスになります。
それは「お見合い用の服装が決まっている女性」
オシャレではない、もっといえば「ダサい」という印象。

3.やっぱり基本は白系です!
ぶちゃけ、真っ白というのは駄目ですね。
上記のパーソナルカラーとの割合も重要になります。
無難なのは『白:PC=6:4』程度が好ましいです。
※PC:パーソナルカラー

4.黒系はNG
「私は黒系が好きだから」
ハイ駄目です!あなたが好きかどうかは関係なし。
お見合いは相手に合わせるのが基本ですよ。
とりあえず、次につなげていくことが大切です。

5.年齢による区別
20代ならワンピースで良いでしょう。
30代は微妙な選択になってきます。
40代はツーピースにしておきましょう。
頑張りすぎている感は男性が引いてしまいます。

親戚や親族経由のお見合い

大前提として、お見合いは「個室」で行ってください。
親族系ならお金も親たちが出してくれるはずです。

【着物が2回目につながる】

着物姿というのは気合が入りすぎて見えますよね?
しかし、親族経由のお見合いなら問題ありません。
着物には次につながる効果的な一面があります。
それは「私服姿を見てみたい」と思わせる服装だからです。

【親族が同席する場合】

つきそいの親族の服装にも注意してください。
ヨレヨレでも駄目ですし、決まりすぎても駄目。
男性の付き添いなら黒系よりもグレーが良いです。
女性の付き添いならお見合い当人よりも地味なもの。

結婚相談所経由のお見合い

相手男性に合わせることを考えましょう。
男性はお見合い写真と同じ服装で登場することが多いです。

ちょっと不思議ですよね?

女性は同じ服装だとマイナスと書いているのに(笑)
男性って、そういうものなんです。

【男性の服装に合わせる】

お見合い写真で青系のスーツを着ている男性なら青系。
政治家が来ているような「強い青」は駄目ですよ。
うっすい水色、むしろ遠目には白に見える服装です。

【清楚系に見える服装】

結婚相談所を利用している男性の多くが「清楚系」を望みます。
基本的に相談所では「肉食男子」は少ないわけです。
当然「派手よりも地味」「うるさいより大人しい」が好まれます。

あくまで・・・

お見合いはファーストステップです。
あなたが着たい服を着るのではなく
相手が求めている雰囲気を醸し出すこと!

男性の服装

基本的に「スーツ」一択で良いでしょう。
おしゃれ感を出すなら「ジャケット」もOKです。

色は「黒」よりも「紺」が良いです。
もしくは「濃いめのグレー」です。

親戚や親族経由のお見合い

この場合はスーツのみ、ジャケットはNGです。
なぜなら、もし相手女性の付き添うが男性だった場合
間違いなくスーツで来ているはずなので「合わせること」
その場の空気感を同じにするようにしてください。
スーツとジャケットを並べた場合、ジャケットは子供っぽく見えてしまいます。
主役が取り巻きに負けてしまうのはいけませんね。

結婚相談所経由のお見合い

少しフランクな感じを出すなら「ジャケット」が最適。
もちろん、あまりに個性的すぎるのは駄目です。
仕事がらスーツに慣れていない場合も効果的です。
あなた自身がスーツで緊張してしまわないようにしましょう。

あくまで・・・

お見合いはファーストステップです。
攻めた服装をしても意味がないことに気づきましょう。
何かワンポイントを入れるのはありですよ。
キャラによりますが、胸ポケットにハンカチーフなども効果的。
50歳以上で、ダンディな雰囲気がある人は似あいます。

お見合いの服装について

男女共に書きましたけど、お見合いは『ファーストステップ』
顔合わせの段階で「我」を出し過ぎてはいけません。

でも、お見合いのパターンによっては自己表現も重要です。
結婚相談所系のお見合いであれば、固くなり過ぎず、ちょっと隙がある方が良いです。

男性は「お嬢様系を好む」という一辺倒の考え方ではいけません。
もふもふで白い服装だけに縛られるのも駄目ですよ。

まずは、あなたのパーソナルカラー(PC)を勉強してください。
ベースを白とPCにするか、PCをワンポイントで入れるのも良いです。

我を出すなと言いつつ、あなたの色を入れていくこと。

かなり高難易度に思えるかもしれませんが簡単なことです。
何度でも言いましょう「あなたが好きな服」を着ないでください。

あなたを表現する服装をしてください。

ちょっと難しいと感じるかもしれませんが・・・
パーソナルカラーは「あなたの性格」を「色」を通じて印象付けます。

例えば、私の場合は「オレンジ」です。

温かみがあり、何かを提供することに喜びを感じるタイプです。
自己犠牲的な一面があるので「イイ人」で終わることが多い(笑)

このような知識がなくても、何となく受ける印象があると思います。

例えば、強い青系は賢く感じたりキツイ性格に見えたりします。
黒系の服はクールさや、お高いイメージがありますよね。

お見合いで「白」が推奨される理由

特に、女性の場合には「白系」で決まりという雰囲気があります。
それは「下手にコーディネートしても、どうせイイ感じになれない・・・」

『だったら、無難な白を着ておけばOKでしょ!』

という意味だと思ってくださいね。
つまり、失敗しにくい色が「白」ということです。

あまり服装にこだわりがなかったり、自分にはセンスがないと思うなら「白」
もう少し自分を表現したいなら「パーソナルカラー」を使いこなすこと。

もし婚活に行き詰っているなら・・・

さて、お見合いの服装に関して解説していきました。
が、まだ本音の部分ではお話していません。

ぶっちゃけましょう『お見合いは単なる作業』です。

かなり断られる率も高いので、あまり頑張りすぎるのはよくありません。
恋愛に至るまでにイチイチ一喜一憂していたら疲れます。

お見合いの服装なんて、毎回同じで大丈夫ですよ。
だって、毎回“お相手”が違うんですから(^m^ )

そういう無駄なことを考えずに婚活してください。
お見合いごときで心をふらふらさせていてはいけません。

まず、まともな婚活を勉強してみませんか?

私も簡易的なものですが『無料のメルマガ講座』をやっています。
現状よりは確実に前に進むキッカケになると思います(^m^ )

by 婚活先生

mag_03