再婚の婚活が上手くいく3つの思考&行動

再婚の婚活

こんにちは、婚活先生です\(・∀・)/
結婚相談所を運営している“現役の仲人”です。

再婚の人たちが婚活に対して抱く想いがあります。
そのほとんどがマイナスな感情となることが多いです。

「再婚だから気が引ける」
「子供がいるから婚活できない」
「やっぱりバツイチは不利」

もちろん、皆さんが感じているように不利なのは間違いないです。
婚活において、再婚者が『優位』になることは一切ありません。

ただし・・・
今回は再婚者でも結果を残せるような思考や行動を探っていきます。

【再婚でも婚活が上手くいく思考と行動】
(1)とにかく早く行動しよう!
(2)相手も再婚の人を探すべし!
(3)子供好きをアピールせよ!

この文字だけ見ると勘違いする人も多いと思います。
しっかりと詳しい解説を見てくださいね。

(1)とにかく早く行動しよう!

離婚した直後に「婚活はじめました!」
さすがに世間的にマイナスに見られるかもしれませんね。

でも、基本的にはそれくらいの勢いが大切です。

気持ち的には「とりあえず結婚はもういいや」とか思うかもしれません。
でも3~5年後には「パートナーが欲しいな」と思い始めます。

そのときには『バツイチ』だけでなく『年齢』よる不利が上乗せされます。

もちろん、ただの恋愛なら再婚を伝えなくても問題ありません。ただし、婚活においては『再婚』という事実を伝えないといけない手段もあります。

【年齢による婚活の厳しさを知る】

もし若くして結婚した人なら、1回目の結婚は『年齢』による悩みはなかったはずです。
しかし、離婚後に婚活をしていなかった人は寄る年波による不安が増えます。

今から、当たり前の話をしますよ!
「バツイチ35歳より、バツイチ31歳の方が有利」

基本的に男女共に再婚組は、若ければ若いだけ良いと思ってください。
とにかく離婚で立ち止まって、婚活しない時間というのは勿体ないです。

(2)相手も再婚の人を探すべし!

さすがに自分が再婚なのに「相手は初婚じゃないと・・・」
こんなバカな発想をする人はいないでしょう。

別に再婚組じゃないと駄目ということではありません。

現在、既婚者の1/4は再婚組です。
男女どちらか、もしくは両方が離婚経験者ということ。

とは言え、バツなしの人はできれば「初婚」の人がイイに決まっています。
わざわざ条件を付けて再婚者を探している人はいません。

初婚の場合、できれば相手も初婚がいい!
再婚の場合、初婚も再婚も関係なし!

そして、確実に再婚組の方が選択肢が広くなります。
見方を変えれば、婚活において「優位」になるわけです。

まあ子供がいるかどうかは気になるところでしょう。
実際に、子供がいる場合、バツなしさんには避けられますね。

その事実を隠して交際している場合、それを隠している“後ろめたさ”により“本気の恋愛”に至ることはありません。

ちゃんと一定の期間で、しっかりと相手に伝えることが誠意です。
それを受け止めてもらえるかどうかは相手の判断に一任しましょう。

そこまで黙っていた『あなたの責任』ですからね。
もし相手が努力して合わせてくれているなら、その状況を信じて進んでください。

(3)子供好きをアピールせよ!

【離婚をした人=家庭に向かない人】

あくまで、バツなしさんの頭をよぎる考えの一つです。
家庭に向いていないと思われないために「子供好き」をアピールしてください。

『動物好きと子供好きに悪い人はいない』
このような何となくの思い込みがありませんか?

それに子供というのは『家族』の象徴だと思います。

やはり家庭を持ちたい(結婚したい)と考える人のイメージの中でも『子供』という存在は大きいと思います。

もちろん、子供に興味がない、さらには嫌いだと言う人もいますが・・・

そのような人の相手選びは、最初の段階で「子供嫌いな人」を探す方が良いと思います。
お相手が「絶対に子供が欲しい!」と言ったら、別れるという選択肢が浮上するだけです。

あなた自身が子供嫌いでないなら、しっかりと相手に家庭や家族をイメージしてもらうようにアピールしてください。

自分の「バツ」は家庭に向かない「バツ」ではない!
これを相手に分かってもらうことが大切なのです。

離婚原因について

もしDVを受けて離婚した場合、そのことは深く伝えないようにしてください。
ごくまれにですが、あたかも武勇伝のように伝える人もいます。

暗い過去を笑い飛ばせたり、明るく話せるのは良いことです。

ただ心に“しこり”を残す気がします。

これは、あくまで私の個人的な考え方ですが・・・
DVを受けていた理由が気になる人もいると思います。

「ただ相手が暴れん坊だったのか?」
「DVされる側に問題はなかったのか?」

もしDVされる側に問題があったとしたら、自分もDVをしてしまうかもしれない。
マイナスな過去はマイナスな感情を引き起こす可能性があります。

これはDVだけでなはく、離婚原因については「事実」を伝えるのは良いですが「感情」を伝えないようにしてください。

再婚の婚活でもあきらめないで!

当たり前ですが、子供がいる再婚組の婚活は厳しいです。
これは男女共、子供を引き取っているかは関係ないですよ。

もちろん、お子さんと同居の方は“より厳しい”です。

男性で養育費を支払っているなら、現実問題として収入面に影響があります。
女性なら「子供を捨てた」というレッテルが貼られることもあります。

あなたの真実(離婚原因や親権問題)がどうあれ、そう思われる可能性があるということです。

【立ち止まらずに素早く行動!】

再婚というマイナス点がある現実を受け入れて行動しましょう。
よりよい条件(特に年齢)で婚活することで再婚組の婚活は大きく変わります。

もし婚活に行き詰っているなら・・・

再婚さん、いらっしゃ~い♪

いまや再婚なんて、ごく普通の時代です。
今後はさらに再婚者も増えていくのは必然。

むしろ、時代の最先端を生きていると堂々と婚活してください。
ただ婚活の基礎知識くらいは持っておくと良いかもしれません。

私も簡易的なものですが『無料のメルマガ講座』をやっています。
現状よりは確実に前に進むキッカケになると思います(^m^ )

by 婚活先生

mag_03