テニス婚活で結果を出すための基本3箇条

テニス婚活

こんにちは、婚活先生です\(・∀・)/
結婚相談所を運営している“現役の仲人”です。

テニスを通じた出会いを求めている皆さん!
せっかくなので良い出会いを求めていきましょう。

【テニス婚活で結果を出す3箇条】
(1)日頃からの運動
(2)待ち時間を活用
(3)約束をしましょう!≪超裏技≫

よく「テニスコン」など呼ばれることがあります。
最近はスポーツ系の婚活が人気になっています。

正直、婚活としての効率で言えば微妙・・・
あなたが気になる人と話せるのは短時間です。

テニスをプレーするので会話どころではありません。ただ一緒に何かをするという『時間の共有』になり、あとから会話をするキッカケになるでしょう。

テニス婚活の基本的な流れ

■受付と着替え

■自己紹介
1対1の回転寿司形式が主流

■全員で練習
素振りや球出しなど簡単なもの

■テニス実践
男女ペアを回しながらプレー

■フリータイム
テニスをしなくてもOK

■カップリングタイム
気になる数名の名前を書く
集計後にカップリング成立

テニス婚活で結果を出す3箇条

(1)日頃からの運動

まず、大前提としてテニスが下手な人は参加しない方が良いです。
そしてテニスが好きな人でなければいけません。

ただ単に婚活のためだけに利用するのはNGです。

それに上手い人は下手に演じることができますが、下手な人は下手なままです。
正直、テニスコンでは「どんくさい人」は嫌われます。

これは男女共に同じです。なぜなら、参加者の目的は「テニスをすること」ではなく、テニスを通じて「出会うこと」です。

ドジっ子みたいなタイプが可愛いというような漫画ような恋愛観は通用しません。

「この人は何しに来たんだろう?」
そう思われて誰からも相手にされません。

日常からスポーツをしている人なら良いですが、いつも運動をしていないのに突然のスポーツコンはあまり意味がありません。

実際に、デートに誘われるとしてもスポーツ系が増えるので、スポーツ慣れしていない人は苦痛に感じます。テニスで婚活を考えるなら、その後のデートにもテニスが行われる可能性が高いことをお忘れなく。

もし、あなたがテニスの誘いを断ったら、相手は何に誘えばよいか分からなくなり、その後は誘われなくなります。

ぶっちゃけ、婚活だけが目的で「テニス婚活」を選ぶのはオススメしません。ちゃんとテニスが好きで、それなりにプレーができることが重要です。

(2)待ち時間を活用

受付からスタートまでの待ち時間。
そして、トイレ休憩などの待ち時間。

実際に「フリータイム」などはありますが、素敵な人はライバルたちとの競争になります。

そこでライバルに勝てるだけのトーク力があれば良いですが、複数人数でのトークを回すことが苦手なら無理でしょう。

さらにガツガツしすぎると相手に嫌われるリスクも増えます。
「頑張らないと印象に残らず、頑張りすぎたら嫌われる」

このさじ加減は、どんな婚活でも一番難しいポイント。フリータイムという限られた時間以外を活用することで「印象を残す」ことは可能です。

それが『待ち時間』に接点を持つことです。

例えば、気になる人がトイレに行くなら、その隙に話しかけましょう。

どこのテニス場もトイレは男女共に近くにありますから進む方向は同じです。行く途中と帰りもタイミングを合わせると、それだけで5分くらいは会話ができます。

テニス婚活では「フリータイム」ではなく「フリーな時間」を活用していきましょう。
重要なのは、最後のカップリングで名前を書かれる確率を高めることです。

(3)約束をしましょう!

もしテニスの練習途中でも連絡先を交換できる雰囲気なら渡してください。
カップリングにならなくても渡せる場合もあります。

会社の名刺やプライベート名刺などを持って参加しましょう。

テニス婚活だからと言って、テニスにこだわる必要はありません。むしろ、全員がテニスの会話をする傾向にあります。

つまり、テニスの話は『印象に残りにくい』ということ。

あえて映画など他の話題をして、さらに一緒に行く約束をしてください。もちろん、約束と言っても「頷いてもらう」もしくは「いいですね」と言葉に出してもらう程度で大丈夫です。

もっと印象を残すなら、少し強引ですがメモしてもらいましょう。

例えば、あなたの欄に「◯◯に一緒に行く!って書いておいてください」&「私も書いておきます」と言ってメモしましょう。

普通の人であれば「YES」と答えた約束を守らないと『ストレス』を感じます。

別に守る義務もないのですが、人としてのモラルを感じるようです。結果として、カップリング時の1番目ではなくても、名前を書いてもらえる可能性が出てきます。

さらに強引でも約束をすることで『カップリングの保険』になります。
あなたの保険はなく、相手にとっての保険です。

最後にカップリングにならなかったときの1日の脱力感をご存知ですか?
無駄なテニス練習、無駄な会話をしていただけです。

その状態を避けるために、誰もが『保険』が欲しくなるものです。
そうです!あなたとの『約束』が『保険』のように感じてもらえます。

もちろん、テニス婚活以外でもモテモテなら、このような心理的な動きを考えなくても大丈夫ですよ。もっとストレートに本命にぶつかっていきましょう。

もし婚活に行き詰っているなら・・・

さてテニス婚活を考えている皆さんは結果が出ていますか?
今回の裏技「約束を押し付ける」はテニス以外の婚活でも使えます。

自然な感じで約束をするのは、ちょっと慣れも必要かもしれません。

もし、それ以前に婚活そのものに行き詰っているなら、まずは初心に戻って勉強することも大切かもしれません。

私のところに相談に来る人たちの9割が「婚活」を理解していません。
それくらい勘違いして行動している人が多いということですね。

私も簡易的なものですが『無料のメルマガ講座』をやっています。
現状よりは確実に前に進むキッカケになると思います(^m^ )

by 婚活先生

mag_03