中年層の婚活で結果を出すための5箇条

こんにちは、婚活先生です\(・∀・)/
結婚相談所を運営している“現役の仲人”です。

中年って何歳から?答えは「45~64歳」だそうです。
たしかに婚活の考え方も大きく変わる年齢ですね。

特に、女性で初婚の方は「子供」への期待が薄れます。
もちろん、可能性がなくなるわけではありません。

世界的に見れば、66歳の方が出産をしています。
(70歳という話もあるが本人の誕生日が不明)

男性の場合は意外と「50代」になるまでは同じ気分。
あきらかに周囲の反応は変わりますが本人が気づかず。

いつまで経っても30~40代気分で婚活をしています。
50歳になっても35歳以下のお嫁さんを探そうとします。

現実問題として、もし15歳年下のお嫁さんが欲しいなら
年収=15歳×100万円くらいあれば可能性はあります。

中年層の婚活で結果を出すための5箇条

ここで取り上げるのは『男女共通』のことです。
中年世代の方はアドバイスを否定する傾向が強いです。

まずは現実を受け止めて素直になってください。
婚活が上手くいかない原因は「あなたの心」にあります。

1.自分が何点かを考えてみましょう!

2.求めることは1つだけに絞りましょう!

3.女性は『地域』を絞らない婚活を!

4.男性は『年齢』を絞らない婚活を!

5.子供のいない生活を想像しましょう!

これらは基本中の基本だと思ってください。
それでは詳しく解説していきましょう。

自分が何点かを考えてみましょう!

中年層になると“ある程度”は自分に自信があります。
当たり前です。これまで一人で生きてきたわけです。

その自信は持っていて問題ありません。

ただし!初めて出会う人は「あなた」の過去を知りません。
つまり、現時点(初対面)での印象で判断されます。

これは自信(プライド)が高い人にとっては厄介です。
あなたが気づかないうちに「圧」を与えているかも。

実際に中年男性たちの婚活では「怖い」「ぶっきらぼう」
そのような印象を与えてしまうことが多いです。

職場場での“デキルあなた”では通用しません!
婚活の場においては、かなりマイナスに働きます。

これは女性も同じです。

テキパキした女性は「強い女」として認識されます。
とりあえず、でしゃばった行動は避けましょう。

ここで重要なことは『相手から見たあなた』です。

では、あなたが「何点か」を考えてください。
もちろん、相手目線で冷静に考えておきましょう。

40点の男性が60点の女性を求めても無理です。
60点の女性が80点の男性を求めても駄目です。

求めることは1つだけに絞りましょう!

これは中年層だけに伝えることではありません。
私の婚活指導では全年齢の方に伝えています。

『絶対に譲れないもの』

誰にでも「これだけ」は譲れないものがあります。
それは1つだけに絞っていきましょう。

これは消去法でも何でも良いです。
強引にでも絞っていきましょう。

実際には極論を考えていくと分かりやすいです。

例としては・・・
「愛のある結婚VSお金のある結婚」
「イケメンなDV男VSブサメンな優しい男」

まず結婚相手に求めていることを書き出しましょう。
そのなかから、消去法で絞っていくのが早いです。

最後に残ったものが『絶対に譲れないもの』
これは個性があるので本当に様々な答えがあります。

中年世代になると・・・
まあ6割くらいは「愛情」的な結果になります。

さらに女性の場合は「お金」という答えも増えます。
アラサー世代だと「お金<愛情」ですけどね。
中年層の婚活は、より経済的な安定性を求めます。

女性は『地域』を絞らない婚活を!

これは“あたりまえ”だと思ってください。
基本的に結婚を考えるなら「嫁ぐ」ことです。

地域を絞っていたら良い出会いを逃す可能性も。
かなり勿体ないと思いますよ。

ぶっちゃけ・・・
譲れないものを増やすことができちゃいます。

わかりやすく言えば『条件の良い男性』と出会える!

中年層の婚活では、相手の条件は下がります。
これは大前提として理解しておきましょう。

あなたが中年層の男性を求めていても彼らは別!
中年層の男性は「35歳以下の女性」を探しています。

ただ、自分の点数を理解している男性もいますが、
その男性たちをイチ早く捕まえる必要があります。

そのためにも、幅広い地域で婚活することが重要です。
つまり最初から地元だけに絞るのは論外ということ。

男性は『年齢』を絞らない婚活を!

男性たちの多くは『女性の年齢』を気にします。
特に中年であっても初婚男性は年齢で探しますね。

まあ「子供が欲しい」という考えがあるわけです。
でも、今まで放置していた自分を恨んでください。

例えば400~500万円程度の年収の中年男性が、
10歳下の女性を探し求めても出会いはありません。

中年になればなるほど「お金」が求められます。
やはり経済力というのは非常に重要です。

これが20代や30代と大きく違う点は『将来性』です。
中年層の男性は“ある程度”結果が出ています。

今現在のあなたが「結果」です。

もちろん可能性は無限大ですが・・・
あなたが考える将来で考えても駄目ですよ。

あなたを判断するのは、あなたではなく「お相手」
それを理解していないと婚活は上手くいきません。

あなたが選ぶ立場でもありますが・・
同時に“選ばれる立場”ということもお忘れなく!

子供のいない生活を想像しましょう!

中年層の婚活では「子供なし」の選択も必要です。

女性は自分の身体のことなので気づきやすいです。
しかし、中年男性たちは「相手」に期待します。

先ほども言いましたように・・・

男性たちは30代前半の女性を求めるなら『年収アップ』
もう、それだけを考えてください。

女性の皆さんも期待はゼロではありません。

医学の発展がありますので諦める必要はありません
それに養子縁組など子供と暮らす可能性もあります。

今回は中年世代の婚活ということを考えると、
出会いの段階で話題にするのも良いでしょう。

男性が「どうしても子供が欲しい」という人なら、
もしかしたら「よそで子供を作る」リスクもあります。

正直、中年婚活&中年結婚からの離婚は大変です。
そうならないように“意思の共有”は大切ですね。

もし婚活に行き詰っているなら・・・

さて今回は中年の婚活について考えていきました。
ちょっと辛口なアドバイスになっていると感じるかも。

でも、これが事実であり現実です!

この意見を否定できるだけのお金や美貌があればOK。
別に、わざわざ婚活しなくても結婚は簡単ですね。

ちょっとでも婚活が行き詰っているなら、
まずは考え方を変える必要があるということ。

婚活に対する知識を持つことをオススメします。

私も簡易的なものですが『無料のメルマガ講座』をやっています。
現状よりは確実に前に進むキッカケになると思います(^m^ )

by 婚活先生

mag_03